2022.01.24

その他

動画

地元の山で静かに空撮してみた

こんにちは、最近あばれる君のYoutubeチャンネルにハマっているのでそれっぽいタイトルにしてみました。
山の中で美味しい料理を作って食べるシリーズが好きで晩御飯を食べるときによく見てます。

あばれる君

あばれる君です。よろしくお願い申し上げます。

地元で撮影

今回は、休日に地元の木城町を撮影してきました。
よく地元の友人となんにもない町だよね〜みたいなことを話するけれど、いざ撮影目的で巡ってみると意外と良いところが多くて僕の薄汚れた心が浄化された気がします。
小学生以来に行った場所もあって地元の良さを再確認できた時間でした。

今回撮影した映像がこちらです。

Log撮影

このままだとただの日記みたいな感じで終わっちゃうので動画を作成するときに意識してる部分を少し話そうと思います。
動画を撮影するときは色の情報を多く取り入れることができるLog撮影という方法を使用しています。
Log撮影はRAWデータから色調・彩度・諧調を圧縮処理したもので基本的にカラーグレーディング(色味の調整)をすることが大前提のデータになります。
わざわざカラーグレーディングをしないといけないのになぜLog撮影をするのかというと白飛びや黒潰れをしてしまった映像でもある程度直すことができるんです。
あと動画全体の色味を統一できるのが良いところかもしれません。

ちなみに今回撮影した映像をカラーグレーディングしないとこんな感じで薄い感じになります。

また、どんなドローンでもLog撮影ができる訳ではなく、Log撮影ができるドローンはなかなか手が出づらいお値段になってきます・・・
その中でも自分が使ってるDJI AIR 2Sは5.4Kでの動画撮影や最大伝送距離が8キロもあるのでかなり遠くまで飛ばせます。目視外での操作になっちゃうのでそんな飛ばすことまず無いですが。

最大の魅力が20万円以上するドローンでないと搭載していない1インチセンサーを搭載しているのでかなり本格的な映像を撮ることができてコストパフォーマンスが最強です。

DJI Air 2S - すべては、その一瞬のために - DJI

5.4K UHD動画を撮影できる1インチカメラセンサーを搭載し、8 kmの伝送距離、マスターショットのようなインテリジェント撮影モードなど、様々な機能...

まとめ

最後にドローンの話をしていて思い出したんですが2022年6月から100グラム以上のドローンの登録が国で義務化されます。
自分は最近登録完了したばかりなのですがなかなか大変だったので登録のフローの話でもしようかなと思います。

それでは!!また次の機会に!!

この記事を書いた人

まだつぼみ

映像クリエイター

美しい景色、人、食べ物、そんな当たり前の日常に彩るすべてに感謝し、 今も映像を作り続ける。